ニキビケアについて

ニキビの原因として考えられることとお手入れ方法

ニキビの原因として考えられることとお手入れ方法

ニキビの原因は複数考えられていますが、主な原因はストレス・食生活の乱れ・シャンプーの影響・老廃物の蓄積などが関係していると言われています。
また、ニキビができる箇所によってもその原因は異なるため、その理由別に対策を行うようにしてみましょう。
まずは、ニキビができる原因を調べてみる事をおススメします。

 

例えば顔、背中などにニキビができている場合は、基本的なスキンケアの方法が間違っている事がありますので、次の事柄について確認してみて下さい。
シャンプーのすすぎ残しが原因は意外と多い理由の一つで、シャンプーのすすぎ時間を今までよりも少しだけ長くする事で、ニキビが改善する事もあるのです。
また、シリコン剤が入っているシャンプーを止めて、アミノ酸系や無添加タイプに変え事で、すすぎ残しが起こりにくくなり、結果的にニキビが改善する場合もあります。
そのほかの理由としては、洗浄力の強い石鹸で体や顔を洗っているというものがあります。
洗浄力が強いと皮脂を多く取りすぎて、肌が潤いを無くし過剰に皮脂の分泌を促してしまう結果になります。
ニキビに良かれと思って行なっていることが、実は逆効果という事もあるため、注意してみましょう。

 

食生活の乱れでは、油っこいもの・甘いものを避ける事でニキビを減らす事ができます。
普段ニキビが出来ない体質なのに、暴飲暴食をした後にできた場合は食生活の見直しをおススメします。

 

また、女性に多い原因では、ホルモンバランスの乱れがあります。
生理前や生理中、妊娠中などにニキビができやすいのもこのためです。
普段からホルモンバランスを乱さないように、バランスの良い食事を心掛けたり、ストレスを無くす、過剰なダイエットを繰り返さないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ